社長ブログ

Kat Mcdowell Live

2015/06/11

photography_by_eric_micotto_61

 

今週の日曜日 6月14日 Lucy&Glutton NYC にて Kat Mcdowell のライブを開催します。

父親がニュージーランド人で母親が日本人のハーフ。 東京生まれ。

父の国であるニュージーランドに5歳のときに移住。

7歳のときに日本人である母親がファンだったイルカのテープを聴き、ヴォーカリストへの夢を抱くようになった。

そんなバックグランドを持つ彼女。

 

さあ、今週の日曜日は、窓を開け放った店内で、

普段よりもちょっぴりキツメのお酒に酔いながら

潮の香りのする音楽を満喫してみては・・・

 

今回もSOLD OUT!

Sorry!
The tickets are Sold Out.
Kat Mcdowell Spring Tour 2015
すべてのお席が完売いたしました。
ご了承の程宜しくお願いします。

Lucy&Glutton NYC

 

さあ、これからのルーシー

ライブやパーティー イベントが目白押しです。

FB、ブログでの告知となります。

毎回 SOLD OUT!  のイベントです。

是非、お早めにチケットの購入やお席の予約をオススメします。

 

Shinji Omiya.

 

 

 

 

アンティーク

2015/06/09

Cali

 

毎日のそうじ

サッサッサッとテンポよく行われる掃除、

ガチャガチャ音がする掃除、

なんか音でその人のお店に対する愛情が解ります。

古くてもピカピカに磨き上げられたお店。

ただただ古さだけが目立つ、愛情を感じないお店。

 

先日の朝、Lucy&Glutton California に行きました。

毎日こんな丁寧に掃除をしてもらっているお店は幸せです。

 

美しいものを丁寧に丁寧にキレイに使っていくとアンティークと言われ価値が生まれます。

でも、美しいものを雑に手入れもせずに使っていくとガラクタになります。

これ、お店にもあてはまること。

愛情を持って接してますか・・・宿にお店に

 

ボクは、

小さいけど宝石のような輝きをもったお店でありたいのです。

 

さあ、アンティークって言われるお店になろうよ。

 

Shinji Omiya.

 

 

まかない

2015/06/01

100921_16_gas-station

 

まかない

飲食店で働くスタッフにとって魅力のひとつ

でも、魅力どころか毎回ガッカリというお店もある。

私の会社は、社員は毎月、定額、アルバイトは1食200円の食事代をいただいている。

食事は毎日のこと、考えるのも作るのも大変だろう。

逆に、それが楽しいっていう人もいるはず。

 

私が25歳くらいの時、当時勤めていた和食店

お造りの褄に使う大根とニンジン

当然、大根もニンジンも皮をむく

その皮を細切りして作った「かき揚」

エビ団子を作るときに出る味噌たっぷりの海老の頭

その頭をグツグツ煮込んでつくる濃厚なタレ

ゴハンにかき揚をのせエビのタレをかける

想像してみて下さい。ゴクっとなるでしょう?美味しいんです。

でもね、これすべて、もともとは捨てられる運命だったものですよ。

何も良い食材を調理しなきゃだめってことではなく、あるものでいい。

調理人が 「一緒に働く仲間に思いを馳せて」 丁寧に調理すればいい。

その試行錯誤の先に、美味しいメニューが生まれる可能性は大だ!

 

毎日、同じようなものを出して、「食事を用意すればそれでいいんだ」になってませんか?

ただただやればいいのではないんです。

ぼく達の仕事はお客様を喜ばせること

一番身近な仲間を喜ばせられない人がお客様を喜ばせるなんて到底無理!

さあ、今日からは、みんなから「お替りしたい」「今度はいつ作ってくれるの」なんて言われる賄いをつくろうよ。

先にも言ったけど、それがお客様の喜びに繋がるんだから・・・

 

粗悪なガソリンとプレミアムガソリンでは、車の性能も変わってくると思う。

F1並にとは言わないけど、スタッフみんなが燃費よくスピーディーに走るようなガソリンは絶対に必要。

そして、そのガソリンを精製するのは、調理人の意地とプライドだと思う。

 

Shinji Omiya.

 

リゾートとは?

2015/05/22

DSC_0718

 

先日、

一ノ坊リゾートの高橋先輩と

同級生の嶋津くん、藤井くんと鬼首高原でキャンプ。

仕事の話し、遊びの話し、ちょっとマジメな話しをたくさん。

そんな中、高橋先輩から一枚のコピーをいただきました。

このような内容です。

 

 

 

いいリゾートの条件

 

いいリゾートとは、ひとことで言って、個性のはっきりしたリゾートである。

つまり、そこに着いた瞬間に、どんな時間を過ごしたいかがくっきりとイメージできるようなところ。

リゾート造りとは、ある意味でひとつの「独立した世界」をつくることであり、「時間」をつくることである。

お客様とは、その「時間帯」に居合わせる一時的な個人である。

それも、非常に勝手で、わがままな。

人々はどこの「時間」に属するかは、まったくの自由意志で選べるし、

いやになったら直ぐに出てゆく自由だってある。

リゾートという「不思議の国」において、「国民」は、すこぶるわがままで、しかも贅沢な望みを持っている。

ここでは、「国民」は、平等も機会均等も何も「国」に対して求めはしない。

ただ、ただ、お金をかけてわざわざやってきた自分だけ(他の人がどうだなんてことは関係ない)を満足させてくれれば、それでいいのである。

その点が、リゾート造りにおける、集団合議制や多数決の意味のなさにつながる。

関係者それぞれの顔色を見ながら、あっちを立て、こっちを立てしながら、少しづつみんなの意見を取り入れ、

根回しや度重なる意見調整によって、突出した意見はどんどん削られ、

どうにかみんなが「まあ、いんじゃない」と賛成するところまでこぎつけたようなリゾート(日本のリゾートのほとんどがそうだが)、

そんなリゾートに、いいリゾートはありえない。

「まあ、こんなもんか」くらいのそこそこの満足感は得られても、「ああ!こういうところに来たかった!」と感激させるような、極めつけのリゾートにはならない。

それよりも誰か1人の非常に個人的な主観と趣味によってつくられたリゾートの方が、純度と完成度が高く、個性的で傑出したリゾートができる。

ただ1人、全体を見る目を持ち、庭の木1本、バスルームのコップ1個、なぜそれでなければならないのかを、確固としてわかっている個人。

個性のあるリゾート「不思議の国」は、常にそうした「独裁者」によってつくられてきた。

 

 

 

その通りだと思う、そして今までそうしてきた。

でも、何かが違う・・・

そうそう、それは、私の中の熱い熱い想い

もっともっと、自分を磨こう、

そして、自分の納得する宿、お店をつくっていこう。

とても強く感じた一日でした。

ひっ君ありがとう!

 

Shinji Omiya.

 

 

初心

2015/05/13

kamon2

 

5月1日~4月末日

弊社の平成26年度の成績が出ました。

すごく悪い。これでやってけるのっていう数字。

過去最低!

 

これは、外部的要因ではなく

私達の怠慢でしかないと思う。

美味しさは立地を超えるってよく言われます。

美味しければ、立地なんて少々悪くてもお客様はたくさん来るってことです。

美味しいお料理を素晴らしいサービスマンが提供する。

それもピカピカに磨き上げられた空間で

旅館もレストランも同じ。

 

今期の成績をみると

以前より味が落ち (美味しくない)

以前より接客が悪く (楽しくない、気がきかない)

以前より清潔感を感じられない (ゴミ、ホコリに気付かない、キレイじゃない)

という結果の現れだと思う。

どんどん進化することを常に求められる私達の仕事。

進化するどころか、かなり退化している。

社長はじめ、初心に返って仕事をしよう。

昨日も書いた

長所を伸ばしていこうよ。

 

まずは、情熱を絶やさず日々を過ごすこと。

 

Shinji Omiya.

 

 

 

私達のオシゴト

2015/05/12

beef

 

 

この頃、高級黒毛和牛というのに魅力を感じない。

っていうか、あまり食べれない。

柔らかく、食べたらトロけて、ジュワーっと味が広がって

想像するととっても美味しそう。

でも、悲しいことに「お年」なのでしょうか?

肉は赤身で、少々硬くても、ギューっと噛み締めて、

肉っ食ってんな~オレ。的なお肉が好きになってきました。

これまで、足しげく通った馴染みのお店も変わってきます。

申し訳ないんですが、この頃ご無沙汰のお店多数です。

 

なんなのでしょうか?

この食の好みの変化。

 

旅館に来るお客様も年齢は様々、

これまで、高級で、尚且つ、味しいからって理由で献立に入ってた食材

ちょっと見直さなければいけないと思います。

 

仙台牛が本当にいいの?

吉次がいいの?

 

お客様の好みの変化

お客様が楽しく選べるバリエーション

宿屋の料理も変化が必要です。

 

 

話は変わりますが

私達の旅館は、超個性的な宿だと思います。

これからも、その良い点をもっともっと伸ばすことが

熱烈なファンを作っていくことだと思っています。

 

先日も、あるインターネットの予約サイトに

旅館はコウダ

山の宿はコウデなくちゃ・・・

長々とクチコミの投稿をいただきました。

 

そんな概念 クソクラエ

言葉が悪いですが、そう強く思ってます。

 

それからも私達の宿、好き嫌いが極端に分かれるでしょう。

それでいいと思ってます。

 

これからも 自分達らしさを大切に

来ていただくお客様に最高の時間を・・・

スタッフ一同、気持ちを込めて、おもてなしさせていただきます。

 

Shinji Omiya.

 

NYC

2015/05/11

lgny

 

Lucy&Glutton NYC

元旦にモンローに代わったばかりの壁を・・・

1ヵ月前から仕事の合間にコツコツと集めてきたモノクロームの写真。

サーファー、俳優、女優、ミュージシャン、画家、

ぼくの大好きを詰め込みました。

いや~社長冥利に尽きます。

前回、塗装した青ミドリ色の正面の壁に

黒く額装したモノクロームの写真が並びます。

シックでいい感じです。

 

5月4日の営業終了後、結局 朝の6時半までかかりました。

久しぶりに明るくなる町並みを体験。

なんか、若かりしころを思い出しました。

週末、国分町のラジャコートというお店を出るとこんな感じだったな なんて。

 

さあ、ルーシーの夏がやってきます。

まずは、

6月14日(日) Kat McDowell のライブがあります。

http://www.lucy-nyc.com/#event

潮の香りのする音楽を聴きながら、キツーイ南国のお酒なんかどうですか?

当日は全席指定となります。

現在、お席のご予約を承っております。

良いお席から埋まってまいりますので、お早めのご予約をオススメします。

お問い合わせは、

022-398-8805

Lucy&Glutton NYC まで

 

Shinji Omiya.

 

ワインチャリティー

2015/04/30

minami

 

3月11日、恒例のワインチャリティーを開催いたしました。

Lucy&Glutton NYC

Lucy&Glutton California

ワインに係るすべての売上を南三陸町へ寄付するイベントです。

今年で3回目。

当日はたくさんのお客様にご賛同いただき、たくさんの寄付をすることだできました。

今回の寄付で、

津波から避難する、高台へと登る階段を作っていただきました。

先の津波で、高台へ高台へと避難した住民のみなさん、

この辺で大丈夫?というところで集まっていたそうです。

でも、現実は過酷で、もっと高い場所へ避難しなければいけない状況へ・・・

最後の急な坂道、

おじいちゃん、おばあちゃんの手を、腕を、掴んで引き上げるしかなかったそうです。

次の日、避難所では、命あることに感謝しつつも

腕を摩っている老人が多かったそうです。

もう、津波なんてこないことが一番

でも、来たときの備えは万全にということで

もう、手や腕を掴んで引き上げることがないようにとの思いで

今回の寄付金で階段を設置。

 

みなさんの想いが形になります。

どうぞ、来年、再来年と3月11日はルーシーでワインを・・・

 

最後に、自慢の友人の嶋津くん、ユカちゃん、

君達がいてくれるからできることです。本当にありがとう。

あなた方の想いと行動に、心から敬意をはらいます。

 

Shinji Omiya.

 

 

銀座食堂

2015/04/28

ginza

 

なんというクラシックな響きなんでしょう。 「銀座食堂」

毎日 仙台~遠刈田温泉を往復しているボク。

の中間地点、村田町にある中華そばのお店です。

古い蔵が立ち並ぶ街道沿いにひっそりと建つ昔懐かしい食堂です。

前から気になっていたので、先日ふらっと行ってみました。

おじいちゃん、おばあちゃん、お嫁さんでやってる食堂。 なんか味が想像できませんか?

待つこと10分、中華そばが運ばれてきました。

鶏のダシかな?さっぱりしてるけど、キチンとした味わい。

今の時代、複雑で、なんか難しいらーめんが多すぎます。

それが個性だったり、お客様がそしてそれを求めていたり・・・

でも、こういうのいいかもよ。

また、食べにこよう。

 

Shinji Omiya.

 

すごい男

2015/04/24

shinazu

 

この感じ、凄くないですか?

昨日は、

一ノ坊の弘行先輩

仙台の坊ちゃんNo1の嶋津ぼっちゃんとゴハン。

Lucy&Glutton Californiaでお肉を食べて

タコスを頬張りながらのワイン。

う~んワイルド。

それから、歩いて文化横丁のバーへ

お酒を飲みながら、思い出話しに・・・

昨日は、ファッションについて

高校生の頃のハナシ。

パンツはファラーのスラックスかリーバイスの501

ポロシャツはフィラのパイル地、いやいやエレッセでしょ、

いやいや、セルジオ・タッキーニ

靴は、トップサイダーのデッキシューズ

コロンは、ジョーバンのムスク セックス アピール

懐かしい話しが次から次へといっぱいでてくる。

凄く盛り上がって、いつもお約束の最後の〆の話題に、

ねえねえ、時計のバンドにカレンダー付けてたオヤジいたよね~

それで、みんな大爆笑!

どんな高校生、大学生だったんだってことになるけど

本当に楽しく遊んでたと思う、街の大人も寛大で、いつも可愛がってもらった。

 

そんな楽しい夜の別れ際

嶋津ぼっちゃんの足元を見ると、酔いが醒める鮮やかさ。

真っ赤なパンツにミドリのアディダス。

彼いわく 「アディダス x Pharrell Williams」 のコラボシューズなんだって

靴を脱いで、インナーソールに足ツボがプリントしてあることを力説するぼっちゃん。

そんなことどうでもいいんです。

中学生の時、真っ赤なアディダスのスパースターを履いて

校庭にある校長先生が朝礼でありがたいお言葉を述べる台にのぼり

田原俊彦の「ニンジン娘」を唄った君がフラッシュバックしました。

凄い男です。キミハ。

 

Shinji Omiya.

 

もっとおいしく!

2015/04/21

 

DSC07157

先日もお肉の話題でしたが
ゴメンなさい今日もお肉のお話です。
美味しいものはそれなりの価格がする
これ当たり前。
それでも納得、こんな美味しいんだからOK
でもね、いくら安いからって美味しくないって許せない!
人間はそうゆうものです。

お値打ちっていう言葉、よく使います。
価格が高い、安いじゃなく
お値打ち感があるかないかです。
商品の良し悪し、お店の良し悪し、宿の良し悪し
すべてお値打ちだったかどうかだと思う。

大忠でも山風木でもルーシーでもステーキがあります。
今のままでも、美味しい、好評!
でもでも、先日行った Wolfgang’s Steakhous
「感動」しました。
お肉も美味しいけど、熱々感が違う。
お皿ごとオーブンに入れて仕上げをしています。
だから美味しい、

高級ステーキハウス、お値段もそこそこします。
でも、これがお値打ちってことでしょ。
だって、直ぐにまた行きたいんだから。

こんな風に思ってもらえる宿
こんな風に思ってもらえるお店

まだまだ試行錯誤が続きます。

お客様は感動したときのみ「リピート」してくれるのだから・・・

Shinji Omiya.

肉男2号

2015/04/20

mm2_p01

 

 

steak

ウルフギャングで熟成肉に目覚めてしまったワタシ
先日、ダイエー商事の佐藤社長のお店
肉男2号へ
肉男と書いてミートマンと読みます。
1号から来週オープン予定の3号まである人気店です。

熟成肉300g頂きました。
まあ、二人で300gだからペロっといっちゃうんですが・・・
お肉の美味しさもあるけど、
メニューのバリエーションもツボを得てます。
なにより、スタッフが一生懸命。
新人スタッフがボクの席の担当だったけど
充分伝わりました、君の真剣さ。
君のおかげで
いい気分で食事とワインを楽しめたよ。

佐藤社長って言えば
ダイエー商事のお店に行くと必ず合って挨拶をいただく。
っていうことは、各店舗に毎日、顔を出し、お客様に挨拶し
スタッフを労い、料理のクオリティーをチェックする。
毎日やってるんだろうな。

お店を愛してるんでろうな・・・
見習わなくちゃね。

 

Shinji Omiya.

 

Malavita

2015/04/17

e38c58fc

 

まだまだ続く映画生活。

昨日は、Malavita

デ・ニーロとリュック・ベッソンとマーティン・スコセッシの最強トリオ

もう面白くないはずないでしょ!

 

フランスのとある田舎町に、

アメリカ人のブレイク一家が引っ越してきた。

彼らは一見ごく普通のアメリカ人の一家のようだが、

実は主のフレッドは本名をジョヴァンニ・マンゾーニという元マフィアで、

家族ともどもFBIの証人保護プログラムを適用され、

偽名を名乗って世界各地の隠れ家を転々としていた。

そんなワケありのブレイク一家は地元のコミュニティーに

溶け込もうとするが、かんしゃく持ちのフレッドは事あるごとに

昔の血が騒いでトラブルを引き起こし、

妻マギーと2人の子供も方々でトラブルを起こしてしまう。

そんな中、フレッドに積年の恨みを抱くマフィアのドン・ルッケーゼが

一家の居場所を突き止め、殺し屋軍団を送り込んできた。

かくして平和な田舎町を舞台に、

“ファミリー”VS.“ファミリー”の仁義なき壮絶バトルの火蓋が切られる。

 

っていう内容。

大好きなデ・ニーロの映画っていうことで観たけど、

懐かしく素敵な女性が登場!

ミシェル・マリー・ファイファー

Tequila Sunrise や The Fabulous Baker Boys や Dangerous Minds

なんかでお気に入りの女優。

いい味だしてます。

行く先々で、気に入らないスーパーを爆破しちゃうんだから・・・

スカっとする映画です。

ぜひ、どうぞ。

 

Shinji Omiya.

 

山田画伯

2015/04/16

daisuke

 

先日リクエストした山風木に飾る絵が一枚できました。

山田大輔 画伯の絵です。

大輔と話していると、描く人には描く人ならではの世界観があるのに気付かされます。

どのような想いを絵にしているのか

あれこれ想うことも楽しみのひとつかも。

やっぱり、幾ら高価なポスターでも

本物の絵が発する万感のパワーにはかなわない

あらためて実感。

これから、あと6作品

随時の納品となります。

 

Shinji Omiya.

 

 

しはち

2015/04/16

image1

この頃、和食が続きます。
仙台、東二番丁通りと48号線の交差する角
「しはち」という和食店があります。
私の元、部下。
蔵の庄という囲炉裏料理のお店に調理長が独立して開いたお店。
私のお店にもちょくちょく顔を出してくれて
イロイロ話したり、飲んだりする仲
佐藤くん、ユーモラスな男なんだよね
そして何より気に入ってるところは、おしゃれなところ。
ボクはね、自分に気を使っている人の料理って美味しいハズって思うんだよね。
ヨーロッパやアジアを一人で放浪するっていう彼の自由さもいいね。

でもね、彼のお店
マジメなんだよね。
旬を感じ、産地にこだわり、おいしく料理を作っている
まさに、日本食のセオリーをキチンと守っている。
一昨日も雨の中、団体さんの予約や個人のお客様で満席。
お刺身、焼き物、煮物、最後にそば
このそばがまたいい。
マジメにキチンと「お客様に向き合う」
そんな原点を感じた時間でした。

Shinji Omiya.