社長ブログ

About Last Week.

2017/05/09

IMG_6115

 

先週のお話し。

男9人でBBQです。

同級生が6人、先輩が1人、後輩が2人。

アンディーウォーホルがいます。

市川海老蔵がいます。

口から髪の毛が生えてるような人がいます。

この人たち、どんな人生を歩んできたのでしょう。

 

友達の一人が真顔で言ってました。

これからは将来のことを話して酒を飲むのではなく

思い出を語って酒を飲んだほうが美味しい歳になったと。

う~ん、悔しいけど実感します。

でも、それもうんと楽しいよね。

 

もう30年来の友人達。

いろいろな時を一緒に過ごしたみんな。

ぼくは、この人達と知り合えて本当に良かったと思ってる。

これから、30年、また、こうして歩んでいきたい。

みんな、良い男になりました。

 

Shinji Omiya.

 

 

2017.Summer.

2017/05/04

IMG_6985

 

2月26日に Lucy&Glutton NYC で行われた

同級生、カオリちゃんのお店 Kai Makani の10周年の

アニバーサリーパーティー。

パーティーのスペシャルゲスト、Chiyo Tia

初めて聞いた彼女の声、

波待ちをしてるがごとくの浮遊感、

そして、圧倒的なグルーブ感。

とっても心に残っています。

いいライブを体験させていただきました。

カオリちゃんに感謝です。

 

そのカオリちゃんから、夏のイベントのお誘いを頂きました。

嬉しい限りです。

 

Lucy&Glutton.NYC. Presents.

Chiyo Tia Special Live.

7月17日(海の日)

詳細は、追ってアップしていきます。

お席のご予約開始はもうちょっとお待ち下さい。

 

Hahalo .

Shinji Omiya.

 

New Year! Fast Essay.

2017/05/03

弊社、新大忠リゾートは5月1日が年度始めです。

となると、今年1回目の社長ブログになります。

5月1日、2日と訪れた秋田。

いいところだったな。

 

IMG_6072

 

IMG_6087

 

 

IMG_6091

 

IMG_6088

 

IMG_6085

 

IMG_6086

 

IMG_6084

 

知らない街で経験する数々のこと・・・

人間、いくつになっても成長できるのですね。

また、行きたいな。

 

Shinji Omiya.

Antique.

2017/04/25

IMG_6023

 

お店の中でお花見ができそうなくらい、たくさんのお花が活けてあります。

ここは、オキニイリの骨董品店。

昨日行ってきました。

骨董品、やっぱり素敵な出会いがポイント。

昨日は、時を超えた美しいものがいっぱいありました。

特に、江戸中期の一輪挿し(写真にはないけど)なんて、とってもキレイ。

頻繁に通わないとダメですね。いつも思うことです。

 

ボクは、スタッフにいつも言います。

古いと汚いはまったく別。

古くて汚いものは気持ちを不快にさせます。

でも、古くても磨き上げられたものは心を豊かにしてくれます。

だから、宿もお店もピカピカに磨こうよって。

 

大事に大事にされてきたものだけが

アンティークとして世の中に出てくるのだと思います。

そして古ければ古いほど価値があるのです。

そんな後世に続く商売をしていきたいものです。

 

Shinji Omiya.

 

Complete.

2017/04/21

sumire

 

別邸 山風木の新客室「菫」

本日、完成で引き渡しです。

リビングにベッドのお部屋

サンルームに露天風呂がついたかわいいお部屋です。

山風木初のシャワーブースもついています。

美味しいお料理とドリンクフリーはそのままで

1泊 お1人様 32.000円

時計をはずして、ゆっくりとお過ごしいただくお部屋です。

 

心と時間を泊める宿、オーベルジュ 別邸 山風木

ぜひ、新緑の季節にお越し下さい。

 

お部屋の絵は、友人の山田大輔画伯に描いていただきました。

 

Shinji Omiya.

 

 

Excursion.

2017/04/20

大荒れの天候の昨日

おじさん3人で遠足に行ってきました。

マカンの松朗くん

葡萄蔵の大橋さん

ボクの3人です。

赤いレザーシートがイカシテル、大橋さんのメルセデスでお出かけ。

目指すは、天童。

飲食店の先輩達の話しに耳を傾けながらのドライブ。

なんかいいですね。いろいろなことを教えていただけます。

まずは、関山峠の茶屋で休憩。

 

IMG_5980

 

滝好きのボクはちょっと嬉しい・・・

お茶をいただきながら、朝からおでんを楽しむ。

そして天童。

麺好きの大橋さんがボクにオススメしてくれた「鶏中華」のお店へ

 

IMG_5982

 

ちょっと甘めのスープにモッチモチの麺、

七味を振りかけ、美味しくいただきました。

それにしても凄いお客様の数、

1階から3階までで280席あるんだって。しかもコミコミ。

ヒット商品の有難さを痛感!

 

そして、なぜか山寺へ

おじさん3人でお土産屋さんを回り、焼きたての煎餅を頬張る。

三流タレントの旅番組のようになってきました。

 

IMG_5985

 

だってこの後、ラ・フランスのジュースを飲むんだよ。

もう旅番組でしょ?

 

さて、仙台に戻ります。

目指すは、泉、汗蒸幕の湯。

サウナに入って、マッサージしようってことです。

 

img-1

 

 

いや~気持ち良かったです。

石積みのかまくらのようなサウナ、汗が吹き出します。

なんか身体の毒が出ていく感じ。

韓国のおばさんにマッサージをしてもらい、

北朝鮮との戦争について議論するも、ぜんぜん平気なよう。

 

そんなこんなで夕方6時。

いつもの串焼き「梟」で遠足の反省会

今日の〆は、特製のモツ鍋

 

IMG_5986

 

いや~美味しさ溢れる一日でした。

 

松朗くんが10歳上、大橋さんが5歳上、

人生の先輩達との遠足は思いのほか楽しいものです。

びっくりするというか、感心するのは、

もっともっと事業を大きくすることを考えていること。

え~まだまだ頑張るの?って感じです。

そんなところも見習わなくちゃいけませんね。

 

昨日を振り返ってのお話しです。

 

Shinji Omiya.

 

 

Bubbly.

2017/04/17

IMG_5956

 

先週、土曜の夜。

お店が落ち着いたので、同級生のお店、串焼き「梟」でごはん。

葡萄蔵の大橋社長と合流し、ハイボールと串焼きを楽しむ。

本当に梟の串焼き美味しいです。

中学生からいつも一緒のあの大輔が、こんなに美味し串焼きを出してくれる。

嬉しい限りです。

お酒も程よくすすみ、それじゃあ、気持ちいい音楽聞いて酒を飲みましょうってことに。

二軒目、Bar California

丁度、先輩のコウキくんがDJをしてくれてました。

今度はコニャックのソーダ割りで音を愉しむ。

いい感じに?というかグラグラに酔いがまわります。

こうなると止まらない大橋社長とボク。

なんと、スコッチバンクでズージャー聴こうよってことに。

20年ぶりのスコッチバンク。

このお店、未だに超バブリーですね。

昔の国分町はこうでした。

大人がカッコ良く遊んでいます。

なんか元気がでました。

それと同時に、

あんなバブリーな空間で遊ぶことを忘れていた自分に猛反省。

いつのまにか、梟の大輔も仕事終わりに合流。

男三人、カウンターに座り、バブリーな夜を上から眺めた夜でした。

スコッチバンクやっぱり良いお店です。

 

Shinji Omiya.

 

大橋さんがリクエストしてました。

この曲、30年前、国分町と稲荷小路の不良は、仕事終わりにみんな聴いてました。

 

 

Personality.

2017/04/14

bouquet01

 

昨日は、サントリーさんと吉岡屋さんとの食事会。

1軒目はお気遣いをいただき、Lucy&Glutton NYC で食事。

入店は 18:30 お店の奥の席で食事。

全くお客様がいないお店。

20:30までいたが、お客様は自分達5名を入れて、全部で9名。

50席のお店で、17:30のオープンから、たった9名です。

しかも内5名が関係者。

恥ずかしいし、情けない、逃げ出したくなるような気持ち。

でも、こんなお店にしてしてしまった責任は私にあるのでしょう。

問題なのは、たったこれだけのお客様しかいないのに

いちいち席を立って、スタッフを探し、注文を伝えなくちゃいけないサービス力の欠如。

何を仕事としてるんでしょうね?

何しに来てるんでしょうね?

だから暇なんでしょうね?

 

2軒目、仙台銀座、ワインバー ブーケ

満席。ちょうどお帰りになるお客様がいて、10分待ちで入店。

 

だれも来ない店、お客様がいっぱいの店

何が違うのでしょう?

多分、人柄が違います。敢えて人柄と書きます。

 

ルーシーの接客とブーケの接客

圧倒的にブーケの女性マネージャーのほうが良いよね。

 

スタッフを探し、いちいち注文を伝えに行く店と

すっと近寄り、身をかがめ目線を合わせ、オススメをしてくれるお店。

どっちが居心地いいのかな?

どちらがお客様に対して情熱と一生懸命さを感じるのかな?

徹底的に自店の不甲斐なさを痛感。

 

多分このままでは、必要とされないお店になっていくことでしょう。

だって、お客様が来ないということは、

そこに無くても誰も困らないってことだから。

 

Shinji Omiya.

 

Car delivery.

2017/04/13

steve-mcqueen2

 

キャプテン ハリウッド

Steve McQueen

男はこうでなくっちゃという指標がボクの中には結構あります。

彼が友達でもなく、同じ時代を共有した人間でもありませんが

スティーブ・マックイーンが大好きなんです。

 

steve-mcqueen-67-McQueen-et-ses-machines

 

McQueen Machines っていう本も出てるくらいの車好き。

嬉しいことに車の好みも似てるようです。

 

IMG_4816

 

マックイーンに憧れて、ここ数年乗り継いできたスポーツカー

 

5年前

 

02

 

そして

 

img908

 

つい先日に納車されたばかりのオキニイリ

5年前の車と同じだけど、今度の車はエンジンが違うんです。

とっても早いんだぞー

 

2015-BMW-Z4-1

 

まずは、車からマックイーン気取りで・・・

内面磨きも忘れずに・・・

 

Shinji Omiya.

 

 

 

 

 

Spaghetti and meatballs.

2017/04/10

meatball

 

Lucy&Glutton NYC の新メニューです。

ミートボールのせアラビアータ

ボクの大好きなパスタメニューです。

15年くらい前になるかな?

ハワイのノースショアにスパゲッティーニという小さなイタリアンレストランがあって

ノースに行くとそこで、いつもミートボールのせトマトソースのパスタを食べてた。

 

2015091500

 

丁度、ジュラシックパークの撮影が行われてて、

そこのスタッフにケータリングサービスをしているレストラン。

小さなお店だけど、いつも美味しい匂いがしてたのを思い出す。

そんな思いでのパスタ。

ルーシーでは、大好きなアラビアータソースでスパイシーに仕上げてもらった。

こんな私的な思い出の詰まったメニューだけど

美味しいから食べてみて下さい。

最後の〆の食事と思っていたら

ついついワインをもう一杯なんてことになっちゃうから。

 

Shinji Omiya.

 

 

Anniversary

2017/04/09

birthday

 

記念日宿になりたい。

晴れの日にお泊りいただく宿でありたい。

これは、大忠、山風木、スタッフ全員で共有する思いです。

大切な日にご利用いただける宿であり続けたい。

それには、相手を思いやる心を持ち続けることが重要。

毎日、毎日、お誕生日を祝っていると

いつのまにか惰性が生まれるもの。

写真は先日の大忠でお作りしたバースデープレートです。

ぼくは、どんどん上手になっていると思う。

上手という表現ではなく、ますます気持ちを込めて作っていると思う。

社長として、こういう気持ちがとても嬉しい。

僕たちの仕事は、想いを馳せることから始まる。

相手の気持ちを思いやり、少しでも喜んでいただく。

それが、この仕事の原点であり、醍醐味でもある。

毎日、どんな気持ちで過ごしてますか?

自分の仕事の先にある、お客様の喜びを想像して仕事をしていますか?

 

もっと、もっと

晴れの日に泊まっていただける宿になりましょう。

晴れの日に乾杯をしてもらえるレストランになりましょう。

晴れの日を締め括るバーになりましょう。

さあ、みんな、お客様に想いを馳せましょう。

 

Shinji Omiya.

Ever Green

2017/04/04

IMG_5793

 

これから、一年の中でもっとも山風木が美しく感じる新緑の季節になります。

去年、山風木の森は、たくさんの木々を伐採しました。

ただ切ったのではありません。

森の中に日光をくまなく当て、木々を元気にするために間引いたのです。

今までは、背の低い、若い木々が中々成長しなかったのですが

今年は、新芽の付き具合が多いかも?

たくさん成長することでしょう。

切った木々は、自然の塀に加工してます。

お部屋の工事も終盤にさせかかってきました。

それに伴い、庭の整備も進んでいます。

今年の山風木、いつもより新緑が美しいと思います。

 

009

 

Shinji Omiya.

AUDI TT Coupe

2017/04/03

img908

 

1年半、楽しませてくれた愛車が昨日巣立っていきました。

ワンボックスカーやSUVが流行りの昨今、

天邪鬼なボクはスポーツカーに乗りたくなる。

BMWのZ4からAUDIのTTクーペへ、

そして、またBMWのZ4を買ってしまいました。

もう一度、同じ車を買うなら、売らなきゃよかったじゃん

って思うけど、TTクーペを体験したからこそのZ4なのです。

やっぱりオープンカーが気持ちいいのです。

ハードトップを閉めた空間の息苦しさはあるものの

天気の良い日のオープンカーは最高です。

 

bmw-z4-2015-8

 

どちらにせよ、ヒップラインの美しい車が好みのようです。

 

Shinji Omiya.

 

Sakura

2017/03/28

sakura

 

Lucy&Glutton NYC の桜が咲きました。

春ですね。

どんどん暖かくなって、ルーシーの季節がやってきます。

5月にはドアをフルオープンにして気持ち良い空間に。

新しいメニューでの営業も落ち着いてきました。

この商品をどうやってお買い求めいただくのか?

どうやって磨き上げていくのか?

スピード感をもって進めていきます。

日々、進化するお店。

いつもフレッシュということです。

瑞々しく、キラッと輝くお店でありたいのです。

 

Shinji Omiya.

 

 

Casual.

2017/03/27

cal1

 

ボクは仕事の終わりに一人でバーに行くことが結構ある。

カウンターで一人美味しいお酒をゴクリと飲み、

いろいろなことを考えたり、

逆に頭を空っぽにしたり、

馴染みのバーテンダーと二言三言。

いつも2杯くらいで席を立つことにしている。

そんな時間が好きでフラッと立ち寄ることが多い。

そんな時は、オーセンティックなバーを選ぶ。

 

Bar California

強いて言うならばスナック(スナックってなんだ?)と

オーセンティックなバーの中間のような立ち位置。

そんな場所になりたくてやってるお店。

カリフォルニア、ロサンジェルス、Abbot Kinney 辺りにあるバーってのが雰囲気かな?

ちょっと抜け感があって、でもクール。

そんな Bar California もっともっとカジュアルに楽しんでほしいと思っていた。

 

この頃、詩織ちゃんのお友達がいっぱい来てくれている。

なんかお店の雰囲気も明るくなった感じ。

昨日も遅くまで賑わっていた。とても嬉しいことだ。

 

こんな感じでカジュアルなバーになってきたら

今度は、ハイセンスなカジュアルになっていきたい。

そんなこと思っているこの頃です。

 

みなさん、街でのお食事の後は、

Bar California へ とっても気持ちのいい空間ですよ。

 

Shinji Omiya.