社長ブログ

寝湯

2016/02/12

140131daichu_243b

 

浴槽の横にある木の枕

何に使うと思います?

枕が置かれたスノコの下、温度65℃の源泉が流れてるんです。

そこから立ち昇る湯気を身体に浴びて

ゆ~っくり、ゆ~っくり、温泉を愉しむ為の枕です。

温泉でじっくり温まり、このスノコの上に寝る。

背中からポカポカ。

いつのまにか、ウトウトしてします。

そんな場所です。

高温の源泉だからなせる寝湯。

是非、大忠に来たら試して下さい。

 

Shinji Omiya.

 

 

新メニュー

2016/02/10

何度かに分けてリポートした東京出張。

この出張が、単なる経費で終わるのか?

今後、利益を生み出す投資になるのか?

これからは、各自の努力次第!

Lucy&Glutton NYC では2月8日から新メニューがスタート

これまで、試作、試食をして新メニューを決定し、そして販売開始。

そう考えると、出張後のスピーディーな取り組みが評価されます。

Input ばかりしててもダメ! 素早く Output  しなくちゃね。

今回のメニューの目玉は

グラットンBBQプレート・・・3980

IMG_2975

これは、試作品。

赤身のお肉が、サーロイン、ハラミ、ラムランプと3種類。

これじゃあ、味のアクセントにメリハリがないということで、

実際は、ハラミをチキンに変更。

3~5名で肉をガッチリ食べて、赤ワインいこうよ!なんてお客様に最高!

考えてみて、4人でオーダーしたら、1人1000円

それで、サーロイン・ラムランプ・豚タン・チキン・自家製ソーセージをたらふく。

かなりのお値打ち品です。

 

それと、

ハラミステーキのせルッコラとクレソンのサラダ・・・980

IMG_2967

ハラミのボリュームもさることながら、

ルッコラとクレソン こんなに食べたことあります?的なサラダです。

 

さあ、お店には炭焼きのグリルも新設。

ますます、グリル料理に磨きがかかります。

ガッチリお肉を頬張り、新鮮なサラダ、ガーリックライス なんて理想的。

 

ルーシー名物、表面張力グラスワインも復活!

Exif_JPEG_PICTURE

L&G 社員旅行

2016/02/09

IMG_2996

 

1月31日~2月4日まで5日間

お店はお休みをいただいて社員旅行へ。

ルーシー2店舗の旅行先は、微笑みの国 タイ。

たくさん歩いて、たくさん食べて、ビールをいっぱい飲んだ旅でした。

スタッフみんなで旅行に行くと、

間違いなく帰国後、お互いの見方が変わります。

頼もしい人、弱気な人、楽しい人、一人が好きな人

いろいろな一面を発見できます。

それを理解した上で、自分にないところを他のスタッフに求め

最終的にチームワークの良いお店になっていくのです。

私は常々、「仲が良い」のと「チームワークが良い」は違うと言っています。

仲が良くても甲子園には出れず。

チームワークが良いチームは甲子園に出れる可能性があります。

お店も一緒です。

自分と同じ人なんていないんだから、他人の良いところを認めて

自分にないとこ補ってもうらおうよ。

ルーシーのみんな、もう、みんなのこと深く知ることができたでしょ。

その上で、あとは、個人個人がんばるだけです。

来年は、もっと良い旅をしましょう。

がんばったら、がんばっただけ、君達のこと評価します。

 

IMG_3031

 

社長ってね

旅行から帰ってきて、お店で一番最初に会ったとき

「旅行中はお世話になりました。楽しい旅行でした」

なんて笑顔で言われるだけで、社員旅行、毎年がんばって続けてき良かったって思うんだよ。

 

Shinji Omiya.

 

バンコクのホテルからタクシーで空港へ

泊まった街に最後に流れていた音楽

Hole / Malibu

TYO omake

2016/01/28

japone

有楽町のジャポネっていうパスタ屋さん 知ってますか?

昔からず~と行きたくて、今回、念願かなう。

japone2

パスタというより、懐かしいスパゲッティー。

ジャポネという名前の通り、イタリアのものとは別次元です。

大量に湯で置きされた麺を注文の味に仕上げていきます。

湯で置きの麺だからソースの味が麺に染み渡るのでしょう。

これはこれで、美味しい、満足。そして安い!

メニューも 普通 大盛り 横綱 があり、

普通盛りでも多いくらいなのに、横綱なんて・・・

今度は、もっとお腹をすかせて行きたいな。

 

Shinji Omiya.

 

TYO 5

2016/01/26

TYOシリーズ最終回

二子玉川から自由が丘へ

Blue Books Cafe

bluebooks3

Blue Note Japan のお店です。

新宿 地下の大型店舗で一人勝ちの感がある Brooklyn Parlor の系列店。

やっぱり Blue Note のお店。 レンガや写真、本の使い方がステキ。

落ち着くんですよねー

料理は、まあ、いつものハンバーガーやサラダ、プレートランチ

ここは、お店の雰囲気創りのお勉強。

3205483be6504ff70d53c28ae9f616d9

bluebooks2

bluebooks1

 

続いて、一度食べてみたかったんです。

Luke’s のロブスターサンド

表参道のちいさなスタンドストア

周りに人が溢れています。

カウンターでオーダー。

そこで気付きました。周りはすべて外国の方々。

オージーにチャイニーズ、コーリアン

そんなことでおうでもいいけど、美味しかった。

この量のロブスターと味なら、お値打ちです。人気もうなづけます。

45985766

 

まあ、こんな感じの東京出張。

問題は、インプットした事柄をタイムラグを最短にして

最高の形でルーシーらしくアウトプットできるか?

これにかかってます。

この出張、経費でなく投資になることを期待しています。

 

Shinji Omiya.

 

Good Music California.Vol.3

2016/01/25

Good Music Cal Vol.3

 

TYO 5 の前に、

先週の金曜日に Bar California で行われたイベントのお話し。

毎月1回開催の Good Music California

美味しいお酒と音楽を愉しむ夜です。

オトナの男女が、自分の時間を同じ空間の中で愉しむ、そんな感じ。

今回も、DJは、嶋津ぼっちゃんと藤井くん、そしてボクの3人。

SOUL . FUNK . JAZZ  珠玉の数々。

気持ちの良い時間が流れます。

そうそう、何より嬉しかったのは、

同級生のカオリちゃんが3回連続で来てくれたこと。

なんかね。お店のドアが開いた瞬間、とっても嬉しかったんだよね。

これからも宜しくお願い致します。

カオリちゃんのお店です。↓

http://www.kai-makani.com/

 

仙台の夜を彩る、先輩方もたくさん来てました。

これでも、結構、気を使います。

 

来月は、Lucy&Glutton NYC で 

BoogieWonderNight 2016 Poster

Boogie Wonder Night. 2016 があります。

Special Live は、Earth.wind & the Gang

 

毎回 SOLD OUT の人気イベント

詳しくは

Lucy&Glutton NYC  022-398-8805 までどうぞ!

 

Shinji Omiya.

TYO 4

2016/01/22

ホテルを10時にチェックアウトし

二子玉川へ

二子玉川ライズ

蔦屋 おそるべしの巻き

家電と本の融合をコンセプトにした、蔦屋

tsutaya2

まず、店内が美しい、エントランスから感じるワクワク感。

本屋好きの自分、本のディスプレーも素晴らしいが緑との調和が安らぎを与えます。

tsutaya1

本と家電を見るというより、店内にココロ奪われました。

 

そして、次は

Bubby’s

11:00 朝食とランチがかぶる時間帯

bubbys1

NYのトライベッカに本店を構える Bubby’s

おばあちゃんの手作りの味、どこか懐かしい味をお店の哲学にする

伝統的なアメリカ家庭料理のお店です。

日本に上陸して、5店舗。

アメリカのダイナー 食堂的料理は、安心の美味しさです。

bubbys2

テーブルにケチャップとマスタードが置かれていると、すごくアメリカを感じるボクです。

bubbys3

久しぶりにエッグベネイディクトを

bubbys5

お店の雰囲気、お料理、家庭的で手作り感もあっていいけど

サービスがアットホームな感じがしません。だからちょっとチグハグ。

やっぱり、アメリカ的、明るさとカジュアルさを求めてしまうのかも?

まだまだ、つづく。

 

Shinji Omiya.

 

 

TYO 3

2016/01/19

TYO 3  だけど、まだ出張1日目のレビュー。

目黒から恵比寿へ、

恵比寿駅から向かったのは、とあるバー。

レコードを肴にオトナのお酒

Bar Martha

bar-martha

ブロックで覆われたお店は、外からまったくお店の中が想像できない。

ドアを開けると、サックスの音色と氷を削る音・・・

このお店、今回で3回目

いつきても、良い大人がたくさん。職業もいろいろ。

大きなカウンターの中には壁を覆いつくすレコードと巨大なスピーカー。

bar-martha11

 

bar-martha1

スタッフが1曲1曲、丁寧にセレクトして聴かせていただきます。

お店の雰囲気を読み取り、お客様の年齢層、空気感、すべてを考えてのチョイス。

こういうお店っていいよね。

お酒がススミます。キケン、キケン。

次に

Bar Track

またまた、聴かせるぜー的 BAR です。

Martha と同じ会社でやってます。

bar Track

スタッフがいいね。

暖かいカンジ。

bar-track

こちらのお店もパンパンに入ってます。

どんどんお客様が入ってきます。ウラヤマシイ

この二軒、この雰囲気、この繁盛ぶり、

なにがいいって言葉で言い表せないけど、感じることがたくさん。

ひとつだけ言えることは、

レコードとお酒を介して、お店とお客様が会話をしているような感覚。

これ重要!

 

Shinji Omiya.

 

TYO 2

2016/01/18

 

TYO 2 です。

インプットの旅 二軒目。

あまり食べないでねってあれほど言ったのに

五反田の1軒目でお腹が80%満たされてしまった私達は、

じゃあ、歩いて少しお腹を軽くしましょうってことで目黒までテクテク。

ここも、再確認のお店

ビストロ Shin

アンチョビポテトやら、ブラックペペロンチーノやら

いろいろ勉強させていただきました。

どう進化しているのか・・・

奇跡的に7時30分に一席空けて待っていてくれました。

店内は、ギュウギュウ。

しかも、立ちワインと立ちビストロ料理です。

壁中に貼られたメニュー。いったい何品あるのかな?

まずは、

shin1

旬の7種野菜のグリル

これ最高!7種以上入ってるし。グリル野菜って美味しい!

次に

shin4

大きな椎茸のグリル

まあまあ普通だけど、しょっぱいパンチェッタ・ジローラモ(ハム)と一緒に食べると美味しい。

shin2

こんな量のクレソン、そうそう食べる機会がありません。

最後は、パエリア

shin3

立ちながらって、オジサン辛いけど

ワイワイ、ガヤガヤ、みんな楽しそう。

そうそう、ブラックペペロンチーノにローズマリー入りっていうのができてました。

こんなに流行ってるのに、キチンと進化してます。

手抜きなし!

東京の夜はまだまだ。

 

Shinji Omiya

TYO 1

2016/01/15

13日 14日 と東京へ

二日間で8軒というインプットの出張です。

でも、今回は、再確認というテーマ。

Lucy&Glutton のお料理のコンセプトは?

Bar California の方向性とは?

 

だから、ルーシー開店前にも訪れた、Bistro UOKIN 五反田店からのスタート。

予約は5時半、お店に着くともう、5組のお客様がゴクゴクとワインを・・・

6時には満席。五反田のお店ってUOKINにしては大きいのに、余裕の満席。

で、お料理は、

980円のカルパッチョに驚き(いつも驚く)

uokin3

 

ホッキ貝のガーリックバターグリル 580円に驚き(ホッキ貝って1個200円の原価なのに)

uokin2

なんで、これが580円で売れちゃうの?

 

グラタン出すなら、これだけ盛っちゃおうよ!ってくらいのグラタンにルーシーの料理コンセプトを再認識させられ・・・

 

uokin1

 

やっぱり、極端でしょ。

多いとか、残しちゃうとか、まったく関係なし。

その料理が運ばれてきたら、必ず「ワーッ」って声がでる商品で行こうよ。

強く思った1軒目でした。

やっぱり、みんながマネスル、Bistro UOKIN

まだまだ、追随を許しません。

明日につづく。

 

Shinji Omiya.

 

R.I.P.

2016/01/12

David Bowie

いかしてるぜ。

なあ、大輔。

みそラーメン

2016/01/12

Ginza Miso

このみそラーメン

気持ちいいくらい何ものってないラーメン。

スープの下に焼豚が2枚、かまぼこ、メンマにのり

運ばれてきた時は、えーってなあるけど

レンゲでスープを一口すすると、印象が反転する。

味噌の味わいが口いっぱいに広がり、

懐かしいとは別な感覚が芽生える。

なんかね、味噌の原料たるものの味がするような・・・

不思議なんだよね。

だから、この街の小さな中華食堂に通ってしまう。

遠刈田温泉の隣町 村田町の銀座食堂

前にもこのブログで紹介しました。

昔ながらの中華食堂。

次はワンタン麺にしようかな?

 

Shinji Omiya.

おめでとうございます。

2016/01/01

お雑煮

 

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

旧年中は格別のご愛顧を賜わり厚くお礼申し上げます。

本年もスタッフ一同、

お客様にご満足いただけるおもてなしを心がける所存です。

今年も、昨年同様のお引き立てをよろしくお願い申し上げます。

 

さて、写真のお雑煮

私が子供のころからず~と変わらぬ味で食べています。

大忠は明治元年の創業。

先代からお正月の味を引き継いでいるのです。

ぼくは、このお雑煮が大好き。

ここ何年かは、どんぶりにご飯をよそい、

上から雑煮汁をかけるのがオキニイリ。

もう、お餅は何年も食べてないかな?

 

私達の商売は、家風を売るもの

脈々と受け継がれてきた「いいもの」だけを、日々お客様に提供していく。

祖父母、両親、私、これからも家風を大切にしていきたい。

大忠常連、山風木

年末年始は常連のお客様で満員。

このお客様も後世に繋げていかなくては。

 

朝からこんな気持ちを込めたお雑煮

美味しいはずです。

 

Shinji Omiya.

 

久しぶりに

2015/12/16

agawa

 

昨日は、久しぶりに Lucy&Glutton California にクローズまで勤務。

まだまだ、数は少ないのだろうが

とっても常連さんが多いお店です。

開店からポツリポツリ、顔なじみのお客様が来店。

スタッフがお客様と相互コミュニケーションが出来ているということです。

このお店のウリは、圧倒的な人間力です。

っていうか、残念なことにそれしかありません。

人間力を高めた商売は、

誰でもできるものではなく、一朝一夕にできるものではありません。

だから、時間がかかっても、私達はそれを武器とするのです。

夕方からの永い一日、そんなことを思った営業でした。

 

そんな中、

お店の空気、お客様の年齢、お客様の会話、いろいろな要素を意識し

ベストマッチの曲を選曲しレコードに針を落とす。

 

昨日のオイキニイリ。

阿川 泰子    Sweet Menu

ポール・マッカトニーの「レッツラブ」

ビリー・ジョエルの「ニューヨークの想い」など

ポップスのカバーを中心としたコンテンポラリーな3rdアルバム。

1980年の作品です。

 

なぜか、ボク、中学生の時から、阿川泰子が好きなんです。

たぶん、声が良い、楽曲も解り易い、いろいろあるけど、

一番は、キレイで、自分のタイプの容姿なのだと思う。

生意気な中学生です。変わってます。

 

Shinji Omiya.

 

 

 

見城 徹

2015/12/11

またまた、Another Sky ネタ。

この番組を通して、興味深い人間を知る。

今回は、見城 徹。

元カドカワのカリスマ編集者、

現在、幻冬舎 社長。

どんな堅物の作家やミュージシャンでも、見城さんならと

こぞって幻冬舎から本を出版するという、不思議な魅力に溢れている人。

彼は

残された人生、

これから行く海外旅行はハワイだけと言い切るワケは・・・

 

見城さん、番組でこんなことを言っていました。

ベストセラーの条件

① オリジナリティー

② 明快である

③ 極端

④ 癒着

まさにこれは、私達の旅館業・飲食業に多いにあてはまること。

ここで一番に思うことは、

③ 極端

である。

みんなと同じことをしていても、何が面白いの?

やるなら、とことん、そこまでするの?ってくらいの突き詰め方をしようよってことです。

ボクの会社は、

他の宿がやってこなかったことにコアなニーズを見出し

常連のお客様をたくさん作ってきた。

旅館業も飲食業もここが肝心だと思う。

昨日、仙台のエスニック料理界を永年牽引している石井松郎さんとちょい呑みをした。

もう、25年くらいの仲かな~

松郎くんに、「大宮、人と同じことやっててもダメだよ」って言われた。

まさに、この頃の自分を見透かされたようだ。

元気な自分に戻ろうと思う。

我が社のアイデンティティーとは?常に考えて毎日を過ごそう。

そして、すべての Yes、No、を、オリジナリティーと極端という基準で判断していこう。

最近の自分へのダメだしです。

 

最後に、見城さん、こんなことを言っていました。

成功の秘密は? との質問に

圧倒的な努力をすること。

自分で100%の努力をしていると思っても、上の人から見れば、その人の50%くらいしか努力してないって思え!

 

そうゆうことです。

 

Shinji Omiya.